美椰の備忘録 in マビノギ

MABINOGIモリアンサーバ在住いばらの涙ギルド所属の自称魔法士、美椰の備忘録でした。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マナシールド検証

推定に足るデータが大体揃ったため、マナシールドにおける実ダメージ-マナ
変換効率の計算式を推定。

まず、マナ変換効率=実ダメージ/消費マナと定義したときの各ランクにおける
INTとマナ変換効率の関係を以下に示す。ここで、ヒールワンドを装備することで
マナ変換効率が上昇することが知られているため、ワンドの有無それぞれに
おいてもデータを収集した。

manashield_rate_no_wand.png
manashield_rate_equip_wand.png

以上のグラフから、

・ある程度INTが高くなるとマナ変換効率は頭打ちになる
・INTの増加に対するマナ変換効率の増加の傾向は各ランクともにほぼ等しく
 なっており、+0.8~0.9前後で増加が停止する
・ワンドを装備することでグラフ自体が上にシフトしており、そのときのバイアスは
 ランクに関わらず+0.5前後
・ワンド非装備時のINT0におけるマナ変換効率は各ランクともWikiに掲載されて
 いる変換効率の値(R7:1.7、R8:1.6、R9:1.5、RA:1.3)とほぼ一致

といったことが分かる。このことから変換効率を求める式は

・マナ変換効率=基本変換効率+ワンド補正+INT補正
・基本変換効率:R6=1.8,R7=1.7,R8=1.6,R9=1.5,RA=1.3,...
・ワンド補正:ヒールワンド装備時0.5,非装備時0

という形式になっていることが推測できる。基本変換効率の値はWikiを参照のこと。

次にINT補正の式を推測する。上記の計算式より、元データからワンド補正および
基本変換効率を除いた値をまとめてプロットしてみると、以下のようになる。

manashield_rate_int1.png

ここからはデータの傾向からの推測でしかないが、

・INT補正=A*(1-MAX(0,(1-INT/B))^C)
・A:INTによる補正の最大値(0.8前後)
・B:補正効果を示すINTの最大値(260前後)
・C:数式の最大次数(2程度で十分?)

といった式を用いることで上記データによく合致する数値を求めることができる。
例として、データと数式のフィッティングによって得られたA=0.81、B=263、C=2
という定数を用いて得られるグラフを重ねて示す。

manashield_rate_int2.png

おおよそ同じ傾向が見て取れる。一本の線に乗らないのはダメージ計算時に
おける丸めの影響と推測される。数式自体が正しいという保証は全く無いが、
概算程度であれば十分実用に足るものと思われる。

以上をまとめると、

・マナシールド時の消費マナ=実ダメージ/マナ変換効率(整数への丸めあり) 
・マナ変換効率=基本変換効率+ワンド補正+INT補正
・基本変換効率:R6=1.8,R7=1.7、R8=1.6、R9=1.5、RA=1.3,...
・ワンド補正:ヒールワンド装備時0.5、非装備時0
・INT補正:A*(1-MAX(0,(1-INT/B))^C)
・A:INTによる補正の最大値(0.8~0.9前後)
・B:補正効果を示すINTの最大値(260前後)
・C:定数(2次程度で十分なフィッティングが可能)

となる。



・・・うん、こんなひどいレポート提出したらボス大激怒だな。
まあ目安程度ということで。
スポンサーサイト

| マビ->メモ->魔法 | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マナシールド

メモ:マナシールドにおける実ダメージ-マナ変換効率計算式

変換効率=実ダメージ/消費マナ=基本変換効率+ワンド補正+INT補正

・基本変換効率:R6=1.8,R7=1.7,R8=1.6,R9=1.5,RA=1.3,...(Wiki参照)
・ワンド補正:ヒールワンド装備時0.5,非装備時0
・INT補正:A*(1-MAX(0,(1-INT/B))^2)
・A:INTによる補正の最大値(0.8前後)
・B:補正効果を示すINTの最大値(300前後)

詳細は後日.

| マビ->メモ->魔法 | 16:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マナシールド検証

ランク7でデータ取りをしてみたのだが、前回の記事で出した軽減率という
考え方だとどうもつじつまの合わない結果に。
ランク7のほうが軽減率が高くなっちゃってるんですが。あれー?

明日もう一回データの取り直し。

| マビ->メモ->魔法 | 02:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マナシールド検証

ManaShieldRank6.png

こんな感じ。大体の傾向は見えていると思う。
軽減率=(通常時ダメージ/シールド時ダメージ)と定義したとき、

・INT0~250前後においては、軽減率はINTの増加にともなって上昇
 ※1次関数とするなら傾き0.005[/INT]前後。軽減率=1.8+0.005*INT
 ※√かもしれない。軽減率=1.8+0.055*√INTで傾向がほぼ一致
・ある一定のINT(250前後)で軽減率は頭打ち。
 ※あるいは√で利いてるせいでほとんど増加が見られない
・ヒーリングワンド装備で軽減率が一定値(+0.5程度)上昇
・各ランクの変換効率はINT0、ワンド非装備時の軽減率に等しい

と、先日の予想をほぼ裏付ける結果になった。もう少しダメージが大きくて
かつ最大最小が一致している武器があれば傾向が見えやすいんだけど。
今はダメージが62とかなので丸めの影響が大きすぎてどうにも。
ダメージ100~100の武器とか無いですか?無いですかそうですか。

アントレカプセルが手に入ったら他のランクでも検証してみよう。




mabinogi_2008_08_28_002.jpg
きゅう。

| マビ->メモ->魔法 | 01:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魔法バランスについて その3

balance_graph_20080216.png

INT75と125を100回分。もういいんじゃないでしょうか。

現時点で推定されたバランス式は
魔法バランス=0.2674*INT+26.283+MM補正
という感じ。INT238、MM6でバランス100達成。

追記:
検証はほぼ全てLBを用いて行っているため、魔法ごとに計算式の係数が異なる
可能性に関しては否定できないのが現状です。これについてはより一層の
データ集めが必要となるため、日を改めて追実験を行う予定です。
従って上記計算式は「LBについては」ほぼ正しい、という程度でお考え下さい。

| マビ->メモ->魔法 | 22:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魔法バランスについて その2

前回のグラフの時にINT150と200のバランス間違えてた\(^o^)/
なんてこったい/(^o^)\

傾向を見る限り昨日のINT0はイレギュラーっぽいので、それ以外の
追加データを含めて再びプロット。

balance_graph_20080215.png

うーん分かりやすい。

多いところで500回、少ないところだと100回程度のデータなので、
本当ならデータ数に応じて重み付き線形近似とかをするのが筋なんだろうけど、
その必要も無いくらいきれいにラインが浮かび上がってきた。

現時点で推定されたバランス式は
魔法バランス=0.2692*INT+26.008+MM補正
という感じ。もうちょっとデータが欲しいなあ。

| マビ->メモ->魔法 | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魔法バランスについて

CA330126.jpg

9/20のアップデートにおいて、魔法バランスおよびダメージに関する計算式に
変更が加えられた。
ダメージ計算式についてはINT補正が変わったくらいですぐに確定したのだが、
バランスについては諸説あり、INT260MM6くらいが目安ということがまことしやかに
囁かれていたものの、いまだしっかりとした検証はされていなかった。

個人的にちょっと検証した感じでは、少なくとも400以上あればバランス100%に
達しているようだったので、いつか分かったらいいねくらいでスルーしてたのだが、
ひさびさにしたらばを見に行ったらどうもそのあたりでもめてる感じ。

なので、少ないながらも実際に検証データを取ることにしてみた。

≫ Read More

| マビ->メモ->魔法 | 04:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。